姫路の弁護士がお答えする交通事故相談所

交通事故の関するお悩み・ご相談は、お気軽に城陽法律事務所まで

兵庫県弁護士会所属 大岩和紀兵庫県弁護士会所属 大岩和紀

交通事故の悩み,疑問にお答えします。

  • 「保険会社の対応が冷たい。」
  • 「治療をそろそろ打ち切るように言われたけど,治療を続けたい。」
  • 「間違いなくむち打ちなのに,等級非該当とされて納得できない。」
  • 「保険会社の示談案が妥当なのか分からないので,誰かに相談したい。」

交通事故に遭われた方は,怪我や後遺症により,痛みと闘いながら日常生活や仕事に取り組まなければなりません。その上,保険会社や病院とも交渉しなければならず,とても大変です。
よく寄せられる疑問や悩みにお応えし,また,後で後悔されることのないように,予め皆さまに知っておいていただきたいポイントをQ&Aでまとめました。
皆さまのお力になれたら幸いです。

各段階でのご注意・よくある質問

姫路市城陽法律事務所の交通事件で選ばれる6つの理由


人の話,現場,証拠を大切にした現場主義


人の話,現場,証拠を大切にした現場主義 人の話,現場,証拠を大切にした現場主義

相手の車が動いていた事を証明しなければ,当方が敗訴する事案がありました。
警察が作成した図面もなく,証拠は依頼者の話のみでした。
様々な角度から話をうかがったところ、「依頼者の方は真実を述べられている。力になりたい。」と強く感じました。
「相手の主張のどこかに歪みがあるはず。しかし、決定的な矛盾が見つからない。どうしたらいいだろう。」
私は、悩んだ挙げ句,尋問手続の前日に,もう一度事故現場に行き,依頼者の気持ち,相手方の気持ちになって,双方の言いぶん通りに,実際に車を運転してみました。
すると,問題の時間帯の車の通行量,現場の見通しからすれば,相手方の車は主張よりかなり前方に出ていなければ,おかしいという事を運転して肌で実感することができました。
これは、写真や保険会社の図面では決して分からないものでした。
尋問ではこれが決め手となり,相手方の車が動いていたという依頼者の主張は裁判官に無事認められました人の話,現場,証拠を大切にする現場主義を皆さまのために役立てて参りたいと考えております。

各段階での注意点・よくあるご質問

事故発生時について
入通院時について
症状固定時について物損について
交通事故で請求できる損害について
示談交渉,調停・訴訟等について弁護士費用について